Date:2017/10/05鉄道模型話
チビ凸(黄)は、ポケットラインにハマるきっかけとなった一品。

13501 チビ凸(黄)
チビ凸の存在を初めて知ったのは小学校低学年で、当時2000~2002年ぐらいでした。
私は小学生の時小型車輌にハマっておりまして(軽便鉄道とかw)、ある日雑誌にデスクトップレイアウトの中をチビ凸(黄)が走っている写真を見た時に、これは可愛らしい!欲しい!
と、近所の模型店に買いにいったんです。
しかし、既に売り切れており、チビ客車とチビ貨車しかないと言われました。
何も買わずに帰り、その時はかなり落ち込みました...(せめてチビ客車とチビ貨車買っておけば良かった...)


数年後、Bトレに使おうと、チビ凸の動力ユニットを買いました。
昔のケースは、ポケットラインの車輌ケースと同じもので、ウレタンもチビ凸用でした。
チビ凸のシルエットが、とても虚しい気持ちにさせたものです(笑)

それから撮り鉄中心になり、中3になれば模型はすっかりご無沙汰になりました。

それでも、高2の時に販売された「チビ凸セット いなかの街の貨物列車」は記念に購入していました(笑)

2年ほど前に、久しぶりに模型を興味が湧いたときに、ネットオークションで購入したのが、上のチビ凸です。
購入したときは感激で、しばらくは飾っていました(笑)


13-501 チビ凸(黄)
こちらは後期ロット。
インサートはポケットラインの標準デザインです。
一方ポケットラインで上のような青+銀の普通のデザインのインサートはあまり見ず、私はチビ凸でしか見たことがないです。