私の所有するカメラを紹介します!

日本光学 ニコンF 1959~1974年生産
ニコン初の一眼レフカメラ。


Nikkor-S Auto 50mm F1.4[38万台]を装着したニコンFアイレベル。シリアルナンバーは[656万台]。1964年製。
傷、アタリがなく非常に綺麗だ。

IMG_4964.jpg
Nikkor-S Auto 50mm F1.4[55万台]を装着した[646万台]。1962年製。
[656万台]に比べれば多少傷があるが、十分綺麗。
ソフトシャッターレリーズAR-1と、ガンカプラー、革ケースを取り付けた。
重装備になると一層かっこよくなる。


NIPPON KOUGAKU TOKYOのボディキャップ。


パーツを取り外した[646万台]。


裏蓋を外した[646万台]。


フォーカシングスクリーン A
初期型は白文字である。


奥が[656万台]
手前が[646万台]
同じ初期型であるが、巻き戻しクランクと巻き上げレバーの形状が異なる。656万台の方がフォントが太い。


アイレベルファインダー
左が[646万台]
右が[656万台]
表記が異なる。[646万台]は「Nikon MADE IN JAPAN」に対して、[656万台]は「Nikon F JAPAN」。
共にペンタプリズムの腐食が僅かに起こっているが、画角にまで侵入していないので程度は良い方か。


裏蓋
左上が[646万台]
右下が[656万台]
やはり[656万台]の方がフォントが太い。最初期型は巻き上げレバーの裏が窪んでいる。


普段撮影する際に使用する組み合わせ。レンズはCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF、露出計はSEKONICツインメイトL-208。
首掛けは劣化していたので、最新のニコン クリアレザーストラップに交換した。
Planar1.4/50は、2012年に新品購入した。50年前のカメラに最新のレンズを取り付けられるのはすごい。